曜日別合同オリエンテーションから

今週は、月曜日から順に金曜日の今日まで、曜日別に各クラス合同でオリエンテーションが繰り広げられた。

内容は、高大行事の取り組み方についての説明会である。

最初に、高大の理念、高大設立の熱き想い 6箇条の説明があった

1.私達は、仲間と一緒に楽しみながら学習します。

2.私達は、何よりも自分と仲間の趣味を大切にします。

3.その趣味を仲間と共に深め、さらに、拡げて、外部の人と一緒に、楽しみます。

4.地域の街づくりを行政、市民などと協議して実践します。

5.私達は活動を通じて、健康づくり、生き甲斐感の充実を図ります。

6.そして、私達は、シニア世代の責任として地球環境問題に積極的に取り組みます。

活動3本柱の実践

高大で企画する全ての行事は、学ぶ、仲間づくり、健康づくりの3点を基本に考えています。

・遠足:      仲間づくり

・スポーツ交流会: 運動で汗をかく、チームワーク

・高大祭:     学んだことの成果発表、けじめ、チームワーク

・修学旅行:    仲間づくり、絆の確認

これらを通じて、受講生が高大生活を元気に、エンジョイできることを目指しています。


「高大に元気なシニアの風をふかそう」 教務部長 西村恵子さんからのメッセージでした。



続いて、社会への参加活動についての説明がありました。

平成28年版高齢社会白書から

・グループ活動に参加したことがある人が、60歳以上で61%に達した。(20年前は、42%)

・社会参加活動をされている方々の生存率が、高いとのデーターが得られている。

超少子高齢化社会を迎えて、シニアがシニアを支える時代になった。

元気なシニアは、少しでも社会へ恩返しする気持ちで、身の丈にあった「社会への参加活動」をすることが必要になっている。

社会への参加活動とは、

「自分の知識や趣味などを、自分のために生かす行動を起こすことをきっかけにして、

社会や特定の他者のためになる活動」である。


社会への参加活動の実例として、

・国際交流-留学生との交流会

・マラソン大会スタッフボランティア

・地域の清掃ボランティア活動

・夏休み子ども教室 等があげられる。

カリキュラムとして、高大では3回の勉強の場が設けられている。

6月 :社会への参加活動(準備活動)

   ・クラスで、すでにボランティア活動されている方の活動内容の話を聞こう

9月 & 2月 :社会への参加活動(実践、日程変更可)

   ・具体的にクラスとして何をするか? 将来どうするのか? を話し合って何らかの活動を!

ということで、従来の見聞を拡げるような活動でなく、社会への恩返しとなるような活動をするよう指導があった。

つづく
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

koudai.51.kenko

Author:koudai.51.kenko
FC2ブログへようこそ!
大阪府高齢者大学校 2017年度、健康長寿を楽しく学ぶ科受講生のブログ担当が交代で担当します。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR