カラーセラピー・彩り健康法

講義日  9月8日 ㈮
内 容  カラーセラピー・彩り健康法
講 師  松尾久美子(ビジネスカラーアドバイザー)

  【色彩心理ワーク】

まずは「色塗り」です
『枠内に 限定の色(あか・きいろ・みどり・あお・ピンク)を
好きなように塗ってください』 から 授業が始まりました
 色彩教室
 塗り方や形・色は 各自銘々の個性が出ています
 8日色彩教室出来ました!

  十人十色
  どの色も大事
  どの色も必要
  どの色も正解

A  8日色彩

 色から連想するイメージ

・あか・・・太陽 情熱 パワー 日の丸 暑い 熱い 血 危険 急がせる 勝負の色 等々
・きいろ・・レモン 陽気 社交的 開放感 行動力 明るい 注意 食欲増進ビタミンカラー
・みどり・・新緑 野菜 平和 安定 清潔感 癒し 優柔不断 晴れ晴れ 等々
・あお・・・海 空 地球 落ち着き 安心感 安らぎ 穏やか 癒し 平和 優柔不断 等
・ピンク・・桜 可愛い 幸せ ほのぼの 赤ちゃん 華やか 優しい 甘え上手な心理作用 等

 色鉛筆色彩教室

【色コミ基本的性格チェックリスト】を行いました
     
    性格をA~Eの5段階に

 A  愛情型 ……価値観は人間関係 …色はピンク
 B  独立型  …価値観は勝負・結果 …色はあか
 C  自己確信型 …能力・継続・ルール…色はあお
 D  好奇心型  …自由・楽しさ     …色はきいろ
 E  慎重型   … 安心・安定     …色はみどり

自身の基本的性格や良い面・悪い面が 客観的にわかりました

   ★なるほど…と納得 (^∇^)ノ 

   ★意外な結果に (。>ω<。)ノ

 一口メモより抜粋
◆初めてカラーセラピーを受けて自分の中にある、自分でも気づかない性格判断で分析ができて楽しかったです。

◆“色からのメッセージを受け取る”日常生活の中で「色」を意識付けることを改めて学びました。

◆色彩が個々人の性格や気持ちにどんな影響があるか、非常に興味深くお伺いしました。今後の生活に役立てます。

◆色って不思議だな~と、思いました。先生がとても明るく 元気をいただきました。


 ※ 午後のクラスミーティング内容

 午前授業の復習
 各委員会の報告(スポ交流会、高大祭関係)
 社会への参加活動について(最終確認)
 高大祭展示物の各班準備物、資料分担など具現
 修学旅行について(意見交換)  他

      次週は 社会への参加活動です
      お天気に 恵まれますように (^-^)/
      色彩色塗り

 
    

健康を通じての身体づくり

     講義日     9月1日 ㈮
     内容      運動を通じての身体づくり
     講師      松尾 純子先生(元・流通科学大学教授)
     テーマ     「頑張らない運動」

       足のツボ   湧泉…元気やエネルギーの元を引き出す
                足心…ツボの元締め
                失眠…眠りをコントロールする

      ◆ これから活動を始めるときは 左足から
      ◆ 就寝前に行うときは  右足から  始めます

    効能  小指…   冷え 浮腫み 女性特有の症状
         薬指…   自律神経を整える イライラ解消
         中指…   下痢 便秘 など (胃腸)
         人差指…  吐き気 胸やけ (胃腸)
         親指…   首から上の諸症状 
                  (目の疲れ 肩こり 耳鳴り)

     【 足の経絡の刺激により、連なる臓器が活性化されます 】


足を触る 準備の準備
松尾先生の講義・足を触る
足の指を1本づつ付け根から隣の指と離して引っ張り
3段階で上端までもみ上げます
側面 表裏 それぞれ3回 繰り返します
最後に指を抜く感覚で 引っ張り上げ放つ


肩首周りや胸筋の筋肉ほぐし
椅子で肩首回して


腕や手首の柔軟性確認とほぐし
松尾先生3


最後は手首の柔軟性を活かしてスナップを利かすように
肩たたきで終了する
松尾先生4肩

 一口メモより抜粋
  ◆ 触ってない足に比べ、もみ上げた足は循環が良くなり、
     本当に白くなった。
  ◆ 久しぶりの運動、最初はしんどかったが最後は体が
     スムーズに動き、気持ち良かった。
  ◆ 「頑張らない運動」 笑いもいっぱいあって、楽しい
     時間でした。


  午後のミーティング内容

     午前授業の復習
     委員会 報告 (スポーツ交流大会)
     社会参加活動
     高大祭

        2学期初日は盛りだくさんのスケジュールでした

        では、また来週お目にかかりましょう!!



「高大型白熱教室①」

     講義日  2017年7月28日
     内 容   debeto
     講 師   堅本盛行 先生

  debeto(ディベート)を行いました。
  debetoは議論、討論することを意味します。

 テーマ  人生を考えたとき何を優先し
           1. 生きてきたか
           2. これから生きていきたいか 

 検討項目 ① 健康     ② 安全
        ③ 楽しみ    ④ 冒険・挑戦
        ⑤ 愛       ⑥ 正義
        ⑦ 富・財産   ⑧ 名声
        ⑨ 奉仕     ⑩ 自己実現

 
討議  (班)
 1.何を優先し生きてきたか。
    各自優先順位を決め班で意見交換する。
    班の代表が討議内容を発表。
       主に ①健康  
          ②冒険・挑戦
          
③自己実現

      IMG_2645.jpg 1班の発表です。

 2.これからの人生、何を優先して生きていきたいか。
      IMG_2646.jpg
       ①健康が一番!!
      ② ” 愛 ” でまとまりました。

          愛にどの班もピンクの話題でもちきりです。♡♡

 
 3.各班が数人に分かれて他班と各討議内容を紹介する。
   さらに意見を深める。

 
  *討議するまでもなく、
   仲間の今までの人生、これからの人生を共感し
   合言葉は”健康”でした。


  8月は夏休み。9月にお会いしましょう。



        
         

「身体の機能向上ストレッチ」

       受講日   2017年7月21日
   内 容   「身体の機能向上ストレッチ」
   講 師   松尾純子 先生


 ストレッチ
   伸ばす・・ 引っ張る・・
   静的に行う
   運動の順位はできるだけ心臓の遠い部分から行う


 さあ~日常のストレッチが大事です。
      
   IMG_2636a.jpg   
    ・物忘れしてあ~と思っていませんか。
     ウロウロ探すものストレッチですよ。
    ・電車で空席を探していませんか。
     立って足首をくねくねするものストレッチ。

   ストレッチはごこでも簡単にできます。

 それでは心臓から遠い手、腕、肩、頭を行いましょう。
   IMG_2638a.jpg

  では・・2人組になりましょう。
  静的なストレッチです。
   IMG_2641a.jpg
       スクワットです。
       一人でするより楽にできるように感じました。
       相手の力をうまく借りることを学びました。


   ストレッチは気持ちのよいところまでで無理はしないのですが
   伸びを1~2㎝さらに行うことで関節可動域を広げます。

   ・・・ゆっくりとひとつひとつを丁寧に行いました。
    身体を柔軟にし体や精神の緊張を解きほぐしましょう・・・

     では来週お会いしましょう。

   

「音楽を使っての健康長寿」

  講義日  2017年7月14日
  内 容  「音楽を使っての健康長寿」
  講 師  小山久子 先生



 歌って 笑って ハッピーシルバーライフ
 
 歌いながら腕を動かし手、指で歌詞を表現し
 時には足でリズムをとり
 隣の仲間とより楽しく・・うたを楽しみました。

  曲は ・ビビディバビディブ
      ・線路はつづくよ
      ・桃太郎
      ・かたつむり   他・・・
  
     IMG_2588 (1024x768)さざえさん歌詞が出てきません。

   
      IMG_2585 (1024x768)手を上に、下に
  
      IMG_2587 (1024x768)さあ~足をつけますよ

   みんなでやれば、間違っても笑える。言いながら歌いながらでも笑える。

 いつまでも元気に!!

    高齢者ではなく・・・幸麗者   
       (しあわせうるわしい私たち)
       沖縄県 しばたくみこさんのことば
    
      そして  “ありがとう”  の言葉
     


   
プロフィール

koudai.51.kenko

Author:koudai.51.kenko
FC2ブログへようこそ!
大阪府高齢者大学校 2017年度、健康長寿を楽しく学ぶ科受講生のブログ担当が交代で担当します。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR